YouTubeのPPC広告で情報商材はアフィリできるか?

先日YouTubeに関するとあるセミナーに参加しました。

こちらの方のセミナーです。

平野久信氏hirano_hisanobu

名前でググるとあまり良い評判が出てこなかったのであまり期待していませんでした。

「多分、最後の方で高額塾の売り込みとかありそうだな」

などとと予想しておりましたが…

…………………..

結果から言うと、高額なバックエンドの紹介もなく内容的に非常に良かったです。
(おそらく後日バックエンドの紹介はあるでしょうけど)

個人的にはYouTubeを積極的には使っていないので、目新しさが多かったのもありますが。

スポンサードリンク

今我々の周りには様々なSNSが存在しています。

Facebook、LINE、Twitter、Instagramなどなど、そしてYouTube。

 

YouTubeは動画SNSになりますが、
そもそも動画ってがっつりアクセスを求めようとすると結構なクオリティを意識してしまいます。

だから動画投稿者側になろうとすると参入障壁が高いですよね。

ただ視聴者側だと利用者は結構いるんですね。

各SNS利用者数
Facebook:2600万人
Twitter:3800万人
Instagram:1200万人
LINE:6800万人
Youtube:6800万人

 

LINEの利用者数の数はもはや語るまでもないですが、YouTubeの利用者の多さにも驚きます。

これはおそらく純粋に登録している人というよりは、
外部検索から来てただ視聴した人などもカウントしているでしょう。

 

とは言っても6800万人が利用者というのはそれだけの市場があることは事実なのですから非常に魅力的なマーケットです。

 

あとGoogleの傘下に位置しているというのが強みですよね。

今、GoogleはYouTube利用者を増やしたいという戦略から、
利用者に対してSEO的に良い作用があるのも理解できます。

 

情報商材アフィリも可能

今回参加してきたセミナーでは理論上、
動画からインフォトップのアフィリリンクへ飛ばすことは可能
なのが分かりました。
※規約上は楽天アフィリは禁止事項に明記されています

 

そして売り上げを最大化させる為には動画素材が必要になりますが、
動画作成方法や設定など細かい手法も説明がありました。

 

動画作成方法はスマホ1台で可能です。

簡単だと動画のクオリティが低くなるのではと心配かと思いますが、
今回の手法であれば問題ないですね。

 

あと設定に関してですが、いくつかある広告のうち使うのは以下の2つです。

Trueview インストリーム広告
Trueview ディスカバリー広告

 

この2つの広告特性に合わせて動画シナリオな内容を作成する必要があります。

でも今回のセミナー内容からすると必要なものが多くないことが分かりました。

 

色々お伝えしたいのですが、一応有料セミナーだったのでこれ以上は言えません。

 

ただ私も今からこの手法を実践しますので、
その実践記を読んでいただければ、私がどうやって取り組んでいるか
理解できるはずです。

 

今回の内容はいずれ商品化されるようですから、
私が本当に稼げているかも判断材料にされても良いでしょう。

ご興味あればどうぞ!

 YouTubeアフィリ実践記で
㊙︎情報を入手する👈

スポンサードリンク

『ネットビジネスアンソロジー講座』

《ネットビジネスアンソロジー》
【非公式錬金講座】

は必須項目です
    E-mail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です