せどりやってみた

久しぶりの記事になりますね。

 

ネットビジネスをサボっていたわけはないのですが、
もう少しビジネスの幅を広げようと思って、

ここ最近はせどりのレクチャーを受けてamazonマーケットプレイスに出品テストしてみました。

スポンサードリンク

早速結果から申し上げますと…

10万ほど仕入れて出品、
売れた商品が7万ほどで結果がコチラam1511

だいたい2万程の利益でした。

初せどりというか、初めての転売経験でしたが、
出品したらすぐ売れるという感覚はamazonの市場の大きさを実感させられました。

 

初月から利益が出たわけですが、

利益が出るということは、
売値より安く仕入れなければならないわけですが、
私が使った仕入先がここです。

 

meruk

「メルカリ」です。

 

スマホで使えるフリーマーケットですが、
今回の仕入れは全て「メルカリ」でした。

 

フリーマーケットなのでタイミングで良い商品に出会えれば、
提示価格で購入するなり、
そこから価格交渉するなり、
するわけですが、

比較的相場感の薄い人が多いので、
新品・未使用品でもかなり廉価な商品が出るときがあります。

 

勿論、安ければなんでも購入すれば良いわけではなくて、
3ヶ月以内に10回以上購入されている新品商品を仕入れるのを基準としています。

PCであれば、モノレートというサイトで期間内に何回売れているか確認できます。

 

ただ出先でメルカリを見てて良さげな商品を見つけても、
3ヶ月以内で10回以上売れているかすぐには分からないと機会損失につながりますよね。

そうならないためにスマホでもモノレートを同じように売れ行きを確認できるアプリがせどりすとです。

sedolist

このようにメルカリせどりすとがあれば仕入れは簡単に出来ます。

実際に初月から月商10万、利益2万を達成した仕入れではこの2つのアプリしか使っていません。

※)実はせどりキング5というのを購入したのですが、仕入れでは動作が異常に重くて全く使えませんでした。

 

後は、商品が自宅に届くと煩わしいですし、amazonへの発送の手間もかかるので、出品代行を利用してみました。

費用もそんなに高くないし、ミスなくやってくれるので利用価値は高いと思いますね。

 

ここらへんの話も改めてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

『ネットビジネスアンソロジー講座』

《ネットビジネスアンソロジー》
【非公式錬金講座】

は必須項目です
    E-mail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です