プライバシーポリシー及び特定商法取引表記

プロフィール

森田 大 セールスプロフェッサー
★「ワシが副業をして収入の柱を増やす理由」

議員年金というのを知っとるけ?

これは2006年に自民党・公明党により「議員特権」との批判から廃止された国会議員と地方議員の年金のことじゃ。

今この国では、政治家たちによりこの議員年金の復活を求める声が強まっているとのニュースを聞いた。

復活を要求している政治家の言い分が、

「地方議員のなり手不足が問題だ。2019年には統一地方選があり、引退後の生活がいくらか担保できるように考えないといけない」

だの

「若くして国会に出た議員は退職したら全員生活保護だ。ホームレスになった人もいる」

などとふざけた事を言う政治家*もいる。
*自民党:竹下亘総務会長

そもそも、公的年金である国民年金は毎月の給料から天引き保険料自体上がり続け、受給開始年齢も抑制し始めているのに何故ここで議員年金を復活させる必要があるんじゃ。

これの意味を読み取ると、

公的年金制度はいずれ破綻するから、政治家の自分らは助かろうとして議員年金の復活を目論んでいる

としか理由が見当たらん。

つまり数十年後、いや十数年後には年金制度は破綻し、ジジイになっても安いパート時給働き続ける事を余儀なくされる。

今までは若者が行なっていた簡単な仕事も安く雇えるジジイに奪われた若者の失業率は高くなる。

自分で稼げる、つまりマネタイズ出来る人間と、職にあぶれて貧困層に二分されるはずじゃ。

だからワシは子供に、収入の柱を持てと言っている。

稼ぎ方なんて多種多様なんだから、頭使って稼げるスキルを身につけるべきじゃ。

特に今はパーソナルコンピューターとやらがある。

家に居ても稼げる時代なんじゃから、これを使わん手はないよ。


これから色々稼ぎ方を披露していくから、興味あったらまたこのサイトに来ておくれ。

個人情報の取り扱いについて

制定日:2017年1月1日
最終改訂日:2017年9月9日

代表者名:Dai Morita
責任者名:Ken Morita

当社は、お客様の個人情報を適切に保護することを事業運営上の重要事項と位置づけ、個人情報の保護に関する法律その他関係法令に従い、以下のとおり、お客様の個人情報を細心の注意をもって管理してまいります。

1.この方針における個人情報等の定義

1.個人情報

我々が取扱う情報のうち、お客様個人を識別できる情報をいい、お客様のお名前、ご住所、お電話番号、メールアドレス、ご勤務先、お問合せ内容等、これらのうち1つまたは複数を組み合わせることにより、お客様個人を特定、識別することのできる情報をいいます。

2.個人データ

我々が取扱うお客様の個人情報のうち、特定の個人を検索できるよう整理された情報をいい、コンピュータの検索機能により検索が可能なもの、もしくは一定の規則に従い、目次、索引等を付すことにより容易に検索が可能な状態においているものをいいます。

3.保有個人データ

我々が取扱うお客様の個人データのうち、我々自らが作成、整理したデータであって、我々において、情報の開示や内容訂正等の権限を有するものをいいます。ただし、保有期間が6ヶ月以内のもの、その他法令に定めるものを除きます。

2.個人情報の収集

我々は、適法かつ公正な手段により、個人情報を収集いたします。

3.個人情報の利用

1.我々は、お客様から個人情報をご提供いただく場合には、法令に定める場合を除き、あらかじめ、その利用目的を明示いたします。

2.我々は、法令に定める場合を除き、お客様よりご提供いただいた個人情報を、我々が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて使用いたします。

3.我々は、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。この場合、我々は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。

4.個人データの第三者提供

1.我々は、法令および次項に定める場合を除き、お客様の個人データを、あらかじめお客様の同意を得ることなく、第三者に提供または開示いたしません。

2.我々は、業務の遂行上やむをえず、お客様の同意を得ないで、お客様の個人データを第三者に提供させていただく場合があります。この場合、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。

3.我々は、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。この場合、我々は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。

5.保有個人データの安全管理対策等

我々は、お客様に関する保有個人データを安全に管理するため、次のとおりの取り組みを行います。
個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏えい等を防止するため、不正アクセス、コンピュータウイルス等に対する合理的な対策を講じます。

6.保有個人データの開示・訂正・利用停止等

我々は、お客様に関する保有個人データについて、お客様ご自身がその開示・訂正・利用停止等を求める権利を有していることを認識し、お客様よりこれらの要求があった場合には、法令に従い、速やかに対応いたします。

7.個人情報の保護に関する規定等の策定・実施等

我々は、この方針を実行するため、お客様の個人情報の保護に関する内部規定を策定し、これを我々その他関係者に周知徹底させて実施いたします。また、これを継続的に維持し、必要な改善をしてまいります。

8.この方針の適用および改定

この方針の内容は、当ウェブサイト掲載日より適用いたします。また、この方針は、法令等の要請その他我々が必要と認めた場合に予告なく改定する場合があります。(最新の情報については、当ウェブサイト内に掲載いたします)