ジャックバウアー的マインドセット

最近は海外ドラマを観ています。

 

何を観ているかと言うと、

少し古いんですが、
キーファー・サザーランド主演の『24』です。

 

ロサンゼルスのテロ対策ユニット(CTU)に所属する連邦捜査官、ジャックバウアー扮するキーファーサザーランドが活躍する連続ドラマです。

 

jb

ドラマのストーリー自体が非常に練りこまれていて面白いのですが、
このジャックバウアーの愛国心がハンパない覚悟です。

スポンサードリンク

どうハンパないかと言うと、
テロを阻止するためなら
無実の上司の脳天を銃で打ち抜くし、恋人も拷問にかけたりします。

 

あとテロ首謀者に
娘の恋人を殺せと言われて、
あっさり引き金を引いたりします。

 

この愛国心エピソードは
数えればいくらでも出てくるのですが、
私が注目したのは、ジャックバウアーの

マインドセットです。

 

よくビジネスでもマインドセットが大事だと言われます。

 

で、これって何がどうなれば、
その人が優れたマインドセットを持っているか?

 

あまりよく分かりませんよね?

 

わかりやすいのがこのジャックバウアーの愛国心です。

 

彼の頭にあるのは、
常に国家の利益のことだけ。

 

寝ても覚めても、
食事中でも排泄中でも、
運転中でも、秘密捜査の潜伏中でもです。

 

彼は下記の選択に迫られた時に、必ずBを選びます。

 

A.今、LINEで広瀬すずちゃんから「ご飯食べにいこー」というお誘いがきたので応じる

B.4月1日にジョークで「真珠湾にゴジラが出現した!」と報道されたので緊急配置についた

 

A.彼女と旅行に行って美味しい地酒を頼む

B.彼女と旅行に行ったら、必ずCTUの近い場所を選択する

 

 

つまり、どんな状況でも常にテロ対策捜査を前提に行動するということ。

 

これがマインドセットです。

 

つまり、ビジネスにおいても、
甘い誘惑に流されるのではなく、
常に目標に対して行動するということです。

 

もう少しわかりやすく説明すると、例えば

与沢翼氏を尊敬してやまない人が、
『六本木交差点で裸になったら私のようになれるよ』

と言われたら、躊躇なくできる、

これが優れたマインドセットです。

 

 

こういうこと言うと、
必ず優等生さんが怒って反論してくるんですが、

『そんな不道徳なのはマインドセットじゃない!』

と。

 

こういうこと言っている間は、自分に言い訳して何もできない

つまり成功できないということです。

 

ジャックバウアーの行動規範は参考になるはずです。

おすすめです、『24』。

 

スポンサードリンク

『ネットビジネスアンソロジー講座』

《ネットビジネスアンソロジー》
【非公式錬金講座】

は必須項目です
    E-mail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です