久しぶりの就活面談

都内の猛暑日連続記録がかかった8月4日に就職面接に行ってきました。

前回は◯インタイルズという会社のよく分からない(結局今も)プロジェクトの面談でした。
確か6月中旬だったので、もう1ヶ月半近く経つんですね 汗

このまま年を越すんじゃないかということを漠然と考えたりします。

まあとにかく久しぶりの面談なので気合を入れたいところですが…

 

もうアホみたいに暑いので、
会社前まで愛車のAudiを飛ばしてきました。。

そんで面接して終わったら、
スーツからTシャツと短パンに着替えて上野で食事して帰って来ました。

 

 

で、肝心の再就職面談の話…

スポンサードリンク

会社名は言えませんが、
渋谷区内のコンサルタントで社長が外国人の会社です。

 

かなり日本語が堪能で、
話していても非常にクリアな優秀な印象を持ちました。

 

 

ただ…事務所が社長と社長夫人しかいないようでガランとしていました…

 

前もって会社のホームページ見ていましたが、
ここまで零細な印象がなかったので少々不安になりました。

 

その不安になった理由が、話をしていていくつか気になった点。

 

社長
「もうすでにどこか大きいところに決めているんじゃないかね?」

社長夫人(?)
「雑用・雑務がありますが、大丈夫ですか?」

 

自分たちが小規模な会社であることを気にしている自信の無さと、
人数が少ないからお茶汲みとかまでの雑用までさせられるのか?とか、

色々不安になりましたね。

 

まあそこの不安の前に、
果たして前職並の収入が提示されるか?

ここんとこは厳しそうでしたね。

 

 

私は外資系で働いていましたが、
直接関わっていなかったこともあり、
上司が外国人であることは抵抗ありません。

だからかなり近しい距離で外国人経営の会社に勤めるのも面白いかな、とは思いましたけどね。

 

収入面で折り合いつかずに流れそうな感じでした。

 

私の印象自体は、おそらくですが
かなり経験豊富な事例と専門性から視野の広さまで開示できましたので悪くなかったと思います。

 

会社のやろうとしている方向性も問題ないのですが、
全くマンパワーがないと進まなさそうな話ですから、
その不安要素の解決はどう考えているのか..

聞きたかったですけど、一次面接でさすがにそれは聞けないですからね。

 

まあ、今回の案件での再就職は厳しそうなので、
引き続きPPCアフィリエイトの作業をコツコツやるのみです。

 

 

スポンサードリンク

『ネットビジネスアンソロジー講座』

《ネットビジネスアンソロジー》
【非公式錬金講座】

は必須項目です
    E-mail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です