ツイッターブレインをエックスサーバーに導入してみた

以前から気になっていたツールに
「ツイッターブレイン」という商材がありました。

この商材の何が気になっていたのかというと、

どのようなつぶやきをするか?についてのマニュアル
「Twitter Writing」が気になっていたんですね。

 

「Million Writing」の作者である宇崎恵吾さんが執筆しています。

 

ただ、二の足を踏んでいた理由があって、それが
「ツール自体はKAGOYAサーバーでないと使えない」
というものでした。

スポンサードリンク

エックスサーバーで設置は可能か?

実際にはエックスサーバーでも設定は可能です。

ただ可能なのですが、
マニュアル上はKAGOYAサーバーでの設定でしか説明されていません。
(KAGOYAサーバー利用者促進の狙いもあったのかもしれません)

 

私はエックスサーバー利用者なので、

「せっかく購入してもツールが使えないならもったいないな〜」
「宇崎さんの『Twitter Writing』マニュアルがそこまでして欲しいわけはないし…」

ということで購入には至っておりませんでした。

 

しかし、今回色々と手を尽くして、エックスサーバーで設置してみました。

はい、めちゃくちゃシンプルな管理画面です 笑

 

他のツールとの違いは?

ツイッターブレインの独自機能といえば、

注目度の高いツイートを自動で取り込んでいく、

という点です。

 

本当に人気のリツートを自動取り込みすることで質の高いフォロワー数が増えてくるのか?

という疑問ですが、この手のツールで一番厄介なのがアカウント凍結です。

 

私も過去にフォローマティックXYとかフォローブースターPROでもことごとくアカウント凍結された経験があります。

正直、凍結解除は出来るのですが、気持ちが萎えてしまうんですよね。

 

しっかりと収益化できるまでアカウント凍結に気を使いながら使っていこうと思います。

まずは試験的に以下のアカウントで使用してみます。

ちょっと試験的に上の画像のようなアカウントで走らせてみてます。

「エックスサーバーでツイッターブレインを動かすとどうなるか?」
について興味がある方もいるかもしれません。

錬金講座でも流していきますので、興味があるようでしたらご登録をお薦めします。

 

スポンサードリンク

『ネットビジネスアンソロジー講座』

《ネットビジネスアンソロジー》
【非公式錬金講座】

は必須項目です
    E-mail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です