やっぱりゲリラマーケティングPPC

ここ数日は以前紹介したコチラの商材を復習しています。

『ゲリラマーケティングPPC』

 

入門編、基本編、実践編、実践編補足のPartに分かれていますが、
各講座ともに数個の動画セミナーコンテンツなので結構なボリュームになっています。

guerrillappc

復習していて
「やっぱりリーマンコンテンツはいいな〜」
と思うのが、内容の具体性ですね。

スポンサードリンク

何が良いって、コンテンツにマインドセット的な分かりにくいものがない。

 

インフォコンテンツって、
ボリューム稼ぎのためか、もしくは
自己陶酔のせいか

マインドセットのボリュームの比重が大きい商材がよく見受けられます。

 

私もマインドセットは重要だと認識しているのですが、

『もういいよ、もう少しだけ抽象的な内容を抑えたら 笑』

という有名どころのインフォプレナーさんのコンテンツありますからね。

wasa

 

「受講者のために手取り足取りより抽象的な内容で考えさせた方がいい」

これは確かに分からなくはないですが、
『受講者に考えさせる』ためには多少の事例検討があったほうがいい。

 

というか、事例検討できるほどのネタがないのか?
と邪推してしまいます…苦笑

 

事例が少ないとどうしてもマインドセット的な話に終始してしまい、
どうしても飽きがくる、いつも通りの商品になってしまう。

 

完全なファン化ができるのであれば、
狂信的なリピーターがいるのでビジネスとしては成り立っているのでしょうが…。

 

ファン化って大事なのはわかるんですが、
それってなんの上に成り立っているのか?

慇懃無礼な生意気キャラクター?

黎明期に目立った貯金の上?

 

うーん。

なんかフワフワしたコンテンツに成り立っていて、
そういう脆そうなビジネスモデルはあまりかっこよく見えないのは私だけなんでしょうね…

 

まあとにかく、事例検討コンテンツの少ないインフォプレナーさんは見ていて痛々しく感じる今日この頃です。

 

 

話が逸れましたが、その点
リーマン(松井宏樹)氏の『ゲリラマーケティングPPC』は理系脳の人からすると腹落ちしやすい教材です。

マインドセットのような理解が難しいベースではなく、
実験ベースで検討されているので。

 

この人の考え方って『実験ありき』なので、
失敗した事例も高付加価値のコンテンツに変えてしまいます。

 

この意識とコンテンツ作成作法があれば、
ネットでのマネタイズは行き詰まることはないです。

 

そこで今度の8月2日にリーマンさんのコンテンツメーキングのセミナーに行ってくることにしました。

conmake

 

受講してきたら感想入れますね。

 

スポンサードリンク

『ネットビジネスアンソロジー講座』

《ネットビジネスアンソロジー》
【非公式錬金講座】

は必須項目です
    E-mail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です